サイトカイン10で脳力を呼び起こして若返り

サイトカイン10で成長モードに入って脳力を呼び起こせ!

 

人間の脳は刺激によって成長し、刺激がないと衰退していきます。

 

 

何も脳の成長は子供の時期に限った話でなく、何歳になっても

 

能力を高めることができるのです。

 

 

刺激を与えないと、一度覚えた英単語も使わなければ

 

忘れてしまうように、脳力は衰えていく一方です。

 

 

 

現代人は久しく歩かなくなって、体への刺激が減ってしまった

 

ので、脳はいつまでたっても冬のサインを受け取り続けています。

 

 

 

■衰退と成長のホルモン

 

 

人間の体は、常に衰退か成長の状態にあります。

 

 

衰退でもなく成長でもない状態はなくて、

 

必ずどちらかの状態で私たちは生きています。

 

 

であるならば、成長の状態で日々を過ごしたい

 

と思うのが常ですが、そのカギを握るのが運動です。

 

つまるところ、ウォーキングが効果的なのです!

 

 

 

衰退の状態に影響を与えるのが、「サイトカイン6」で、

 

成長の状態に影響を与えるのが、「サイトカイン10」という

 

ホルモンです。

 

 

ふたつのサイトカインは筋肉から分泌され、脳へと信号を送っています。

 

 

話が見えてきたと思いますが、ウォーキングをすることによって、

 

成長をするためのサイトカイン10を分泌して

 

脳を春の活動モードの活性化した状態にすることができるのです。

 

 

 

ウォーキングをするとまず初めに、

 

サイトカイン6が徐々に分泌され始めます。

 

 

サイトカイン6は脈拍が、

 

最高脈拍数(220-年齢) × 65% の時に

 

分泌されるようになっています。

 

 

でもサイトカイン6は衰退のホルモンなので、これだけでは

 

脳は目覚めません。

 

 

サイトカイン6は運動で壊れた筋肉を除去する働きもあり、

 

新しい筋肉ができるスペースを準備してくれます。

 

 

サイトカイン6が一定時間分泌されたら、いよいよ成長を促す

 

サイトカイン10が分泌されます。

 

 

サイトカイン10が分泌されると、体は成長モードへと移行して

 

時間の経過とともに、衰退のホルモンであるサイトカイン6は

 

減少していきます。

 

 

 

サイトカイン10の代表的な効果は3つあります。

 

1つ目は、新しい細胞を作ること。

 

 

2つ目は、ホルモンや化学物質に信号を送ってコントロールすること。

 

 

3つ目は、筋肉や心臓などを発達させ、脂肪を燃やして体を回復させること。

 

 

 

■秘めたる力を呼び覚ますサイトカイン10

 

サイトカイン10は死に直面するような出来事で瞬間的に

 

判断を求められる時に分泌されます。

 

 

その時に脳の生命に関わるような土台部分が活性化され、

 

死を回避するような正しい選択や判断ができます。

 

 

しかし、死に直面するような出来事など、頻繁に起きませんので、

 

ウォーキングをすることによって、脳の根幹部分を鍛えることが

 

できるのです。

 

 

 

そして、体が成長モードに切り替わり、脳がその信号をキャッチする

 

ことで脳が目覚め若々しく健康になり、脳力アップで成功を

 

手にするチャンスを得ることができるのです。