ウォーキングと美容 もちろん外身も若返る!

ウォーキングと美容の話 もちろん外側も若返る!

 

ウォーキングで脳に刺激を与え、脳を目覚めさせれば、

 

能力を向上させ成功を手にすることが

 

出来るかもしれません。

 

 

そして筋力をつけたり、代謝を上げたり、血行を促進することで

 

もちろん健康にはいいです。

 

 

 

一方で足腰の衰えは年齢を感じさせます。

 

歩くことで体に刺激を与えないと、今度は

 

脳が衰えていってしまうのです。

 

 

健康で若々しい肉体を維持するにはウォーキングは

 

欠かせません。

 

 

そして、ウォーキングは美容にも最適です。

 

そもそも美しい体を手に入れるには、運動が欠かせません。

 

 

ろくに動かないで綺麗なボディラインを維持したり、代謝を

 

上げたりするのは不可能です。

 

 

体を活動させないと脳も冬のサインを受け取り

 

活動的にならないので、食べたものを余分に蓄えて

 

ブクブク太ってしまいますよね。

 

 

 

美容は健康が前提ですが、その健康は運動なしには

 

あり得ないのが現実です。

 

 

ダイエットしている人が、どうにかして楽に痩せたいと

 

考えがちですが、運動をせずに効果を得る方法は

 

小手先の解決で、健康的な「美」を手に入れる

 

ことはできないんじゃないんでしょうか。

 

 

 

そこへきて、歩くことは健康にもいいし美容効果もあり、

 

脳などの中身を若返らせるだけでなく、外身にも

 

嬉しいことがあります。

 

 

●ウォーキングが作るスタイル

 

大殿筋というお尻の筋肉は、歩くことによって太ももと一緒に動いて

 

鍛えられ、お尻をシェイプアップします。

 

 

歩けば足も細くスッキリとした形になり、程よい筋肉もついて

 

健康的なしまった美脚になれます。

 

 

ここでポイントなのが大股で歩くことです。

 

背筋を伸ばして、大股で地面を蹴るのを意識して

 

歩くと、お尻の筋肉にいい刺激が来るのが分かります。

 

 

また、胸を張って腕を振って歩けば、体がいい感じにねじれて

 

腹筋を刺激してお腹周りもすっきりすることができます。

 

 

 

もちろん有酸素運動を連続して行っていれば、

 

脂肪を燃焼して全体的に引き締まった体つきになります。

 

 

 

●美肌効果

 

ウォーキングは健康的で美しいスタイルを作るだけでなく、

 

お肌にも効果があります。

 

 

歩き始めて15分くらいすると、ベータエンドルフィンが分泌されます。

 

ベータエンドルフィンは免疫力を上げてくれる働きと、老化を防いでくれる

 

働きがあります。

 

老化を防いでくれた上に、潤いのある肌を作り美肌の効果があります。

 

 

 

また、歩くことで汗をかきます。

 

汗は体温の調節をする役割だけでなく、体の毒素を排出

 

するという重要な役割を担っています。

 

 

体の不要物は便によって体外へ排出されますが、

 

それだけでは外に出しきれない毒素もあります。

 

 

特に女性は内勤の仕事に就くことが多いので、一年中

 

空調のきいた室内で仕事を毎日していれば、汗をかく機会も

 

少なくなってきます。

 

 

ほどよく汗をかくことで毒素を排出して

 

肌荒れのような美容トラブルを少なくすることができます。

 

 

 

●足が太くなるのは勘違い!

 

最後にウォーキングをすることによって、足が太くなることを

 

気にしている人は、心配無用です!

 

 

むしろウォーキングより足への負荷が大きいマラソンや

 

ジョギングを思い出してみて下さい。

 

 

プロのマラソン選手でも、みんな細くてしまった足をしていませんか?

 

ましてやウォーキングを一般人がした程度では、ごっつい筋肉は

 

つかないで、ほどよく締まった足が出来上がるだけです。

 

 

自転車競技の選手のような、立派な太ももになるには

 

特別なトレーニングを積まないと無理な話です。

 

 

 

また、歩くことで足の血行が良くなり、むくみの改善にも一役

 

買うので、足が太くなるのは心配するだけ無駄なんで安心して

 

歩いてみましょう。